Hatena::Groupyukawasa

shiraber's adplace@yukawasa このページをアンテナに追加 RSSフィード

yukawasaグループの長屋です。長屋ブロガーです。
はてなでは珍しい存在となるであろう広告ブロガーを目指してます。ひと味違った広告ブログにしたいです。
RSS

2009-06-22

海外の情報

| 01:24 | 海外の情報 - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - 海外の情報 - shiraber's adplace@yukawasa

こんだけネットが活用される時代になったのに、英語で見つけるスキルはまだ足りないみたいだ。

広告、テクノロジー、西海岸、のカウンターとしてヨーロッパ、って感じで探しているのだけど、まだ糸が掴めないみたいで。

雑誌の後追いってあんまりしたくないし、その雑誌もそれほどまだあるわけじゃなさそうだしなあ。

どうしても、訳本だと後追い情報になると思うし、一番いいのは、本屋の平積みコーナーをみることなんだけど。

amazon.comのキーワードもなんかただしいのかわからないしね。これもう有名じゃんみたいな。

f:id:shiraber:20090623011957p:image

まあ、このへんの2大誌に頼ってぼちぼちやりますか。

Advertising & Marketing Industry News - AdAge

Campaign: marketing, advertising and media news & analysis

しかし、海外だとdelicious、か。あたりまえだけど。くそう、悔しいな。

f:id:shiraber:20090623012326p:image

(書籍)ザ・サーチ

00:23 | (書籍)ザ・サーチ - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - (書籍)ザ・サーチ - shiraber's adplace@yukawasa

(書籍)ザ・サーチ



すこしだけ抜粋。長い本なので。



ザ・サーチ グーグルが世界を変えた

ザ・サーチ グーグルが世界を変えた

捕捉は、ボスのこれを。

ザ・サーチ グーグルが世界を変えた - どうもyukawasaです

ビジネスルポ、もしくはエッセイ風の書物なので、グーグルを追っかけるという目的か、もしくはサーチのそもそもを知りたい人にしかオススメしない。けど、ラリーとサーゲイ、エリックの肉声が収まっていてこれは貴重。

ソーシャルメディア

16:01 | ソーシャルメディア - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - ソーシャルメディア - shiraber's adplace@yukawasa

ページが見つかりませんでした | ループス・コミュニケーションズ

ページが見つかりませんでした | ループス・コミュニケーションズ

ソーシャルメディアのデータ集。テクノロジーのキャズム越えという問題は、いつもつきまとう。

って考えると、ガンダムってすごいかも(こじつけ)。アムロというニュータイプは新世代の存在。シャアも、当初は嫉妬してたんだぜ。たしか。

大人のいまこそ見直すアニメかもな。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]

藤沢武夫

12:52 | 藤沢武夫 - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - 藤沢武夫 - shiraber's adplace@yukawasa

この本は知らんかった。id:kawasaki好きそう。

松明(たいまつ)は自分の手で

松明(たいまつ)は自分の手で

本田も好きだが最近はmazdaが好きだ。自分の故郷の世界的メーカーはどうも思えない。

似たポジションのP社は、王道にしてかっこよさが増してきているなあ。家電ですが。

広告愛

12:42 | 広告愛 - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - 広告愛 - shiraber's adplace@yukawasa

広告愛。を見たので個人エントリ。

 メディアの状況が変わった今でも、そういう広告の仕事のうれしさはいくらでもあります。ただ、あの頃と、少しやり方は変わったけど、基本は同じだと思います。それは、詳しく事例を挙げられないのが悔しいけれど、私の今やっている仕事が物語っています。近くに広告マンがいれば、お酒に誘って聞いてみたらいいです。きっと、うれしそうに成功事例を語ってくれるはずです。

 今、広告に元気がないです。時代が変わって、これまでのやり方が通用しなくなりつつあります。それは、やっぱり事実でしょう。でも、でもね、否定されたのは、やり方であって、広告ではありません。聖書も歎異抄も、ある見方をすれば、広告です。時代の変化ごときで、広告が終わるわけないんです。時代が変化したからといって、変化球しか通用しないだなんてことはないんです。

 やり方は変わったし、これからもどんどん変わる。でも、広告の基本は変わらない。広告の基本が変わらなければ、広告の仕事のうれしさだって変わらない。私は、そう思います。

たまには広告の仕事のうれしさについて語ってみてもいいですか: ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)

素晴らしい。私はまだこの心境にはいたっておりません。

最近ぼくは広告愛の感覚が麻痺していると思ったので、リハビリをかねて、それをチャンスに別の次元にいきたくて(w、このようなブログ、ともつかない広告グループをちまちまやりはじめました。

キーワードにはこつこつと書評、というかまとめなどためていっています。

思い切って海外情報にフォーカスしようかとも思ってますが、意外と自分は勘所がないことに愕然としています。

そろそろグループ活動も復活なさいませんかー?>id:mb101boldさんへ。

岸勇希

12:31 | 岸勇希 - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - 岸勇希 - shiraber's adplace@yukawasa

極端に言えば、広告というワンソースでメディアをクロスさせることよりも、情報を複数のソースから生活者にアプローチさせることのほうが人を動かす力を持っていると考えています。広告でも見た。ニュースでも話題になっていた。友達も語っていたと、情報ソースが複数存在することで、リアリティが形成され、「人が動く」のです。

no title

ほう。

となると、一点突破は難しく、多方向からのアプローチってなって、やっぱり広告会社による統合ソリューションしかないなって話になってしまうのかな。

自分に出来ることを考えざるを得なくなってくる。とはいえ、メディアバイは出来なくとも、戦略によることは出来るはずとも思う。

岸:ノウハウが漏れるリスクよりも、広告そのものへの期待低下のリスクのほうが断然大きいと思っていますから、まずはそれを払拭したいという思いが強かったのです。昨今とにかく広告が効かないという声をよく聞きます。でも決してそんなことはありません。ただし従来のやり方をしているだけでは効かないのです。だから例え手の内をさらしてでも、広告の信頼を取り戻したいという強い気持ちがあります。

私は賞を獲るためや、自分の作品と勘違いして広告を作っているような人が大嫌いで、そういう人たちがクライアントからの広告に対する信頼を失わせている原因の一つだと考えています。クライアントの課題に応え続けることに誇りを持たなければ、私たちはただのアーティスト崩れだと思われてしまうでしょう。広告・コミュニケーションを司っていくということは、ものすごく労力と努力が必要になりますが、広告はもっともっと頭を使えば工夫できる可能性があり、とても面白いものです。だから私はこの仕事が大好きで、命を賭けています。

ここまで、気概を持ってやっている同世代の人はいないな。すばらしい。

で、

f:id:shiraber:20090622122744p:image

別に道具は問題じゃないってことですね。自分もにたようなもんだ。とはいえ、最近はPCでいきなりって感じになってるけど。

部屋にあるホワイトボード、書き込んだのが消すのが惜しくて使えてない。。

ナカバヤシ 軽量アルミ ホワイトボード 1200x900mm WBA-1290

ナカバヤシ 軽量アルミ ホワイトボード 1200x900mm WBA-1290

本棚が隠れている。それくらいでかいやつ。

Ogilvyからの提案

10:42 | Ogilvyからの提案 - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - Ogilvyからの提案 - shiraber's adplace@yukawasa

ogilvy.com

part7.pdf filelist

part2.pdf filelist

part3.pdf filelist

part4.pdf filelist

part5.pdf filelist

part6.pdf filelist

part7.pdf filelist

外資らしい広告会社によるマーケティング。

松尾卓哉CD

10:30 | 松尾卓哉CD - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - 松尾卓哉CD - shiraber's adplace@yukawasa

㈱電通→オグルヴィ&メイザー・ジャパン㈱→オグルヴィ・アジア・パシフィック

多くの人が英語ができないと海外で働けない、または、海外で通用しないと信じています。そして、それを日本の広告クリエイティブが世界から取り残された言い訳にしています。僕もそうでした。

14年前、野茂が大リーグに挑戦し、オールスターの先発としてマウンドに立った時、僕は非常に感動しました。そのことを、4年前のある事件で僕は思い出しました。そして、心の中がザワザワしはじめたのです。そして、2007年10月21日、僕は日本を飛び出しました。

今では英語力が必要とされるキャッチャーの城島も大リーグで活躍しています。彼だって英語ができませんでした。まずは、挑戦することが大切です。(そう信じたい)

日本人の広告クリエイティブ力を世界に発信したいと思います。また、世界の良いところは日本風にアレンジして輸入したいと思います。

アクセスが禁止されています:@nifty

松尾さんはつばさ証券のCMが素晴らしかった。

しかし、日本からいなくなると、とたんにメディアは報じない。というか、真実は報ぜない。のだけど。

だからこそ、自分メディアをもつことが必要になる。今はブログ。

3つの発想法(南勲)

10:21 | 3つの発想法(南勲) - shiraber's adplace@yukawasa を含むブックマーク はてなブックマーク - 3つの発想法(南勲) - shiraber's adplace@yukawasa

ご存じのように、広告の出口(表現)は、無限大ですが、入口(発想法)は、3つしかないと言われています。

①物よりの発想:差別化ポイントUSP(ユニーク・セリング・プロポジション)の発見からの発想法

②人よりの発想:使う人の価値SMP(シングル・マインディッド・プロポジション)の発見からの発想法

③調査発想:消費者の反応CR(コンシューマー・レスポンス)からの発想法

画期的で独創的な商品が希有になり、USPには説得力がないと欧米では判断され、人よりのSMPに移行しています。(このせいではないでしょうが、USPを創案したベイツは解散し、SMPを創案したサーチ&サーチはトップクラスの広告会社として活動しています)。

ページが見つかりません:@nifty

発送法は3種類。南さんいいこと言う。