AdWords最適化

AdWords最適化

説明をする

テキストは、潜在顧客に対して製品を伝えるためにある。だから何を販売しているかを明確化する。製品の利便性、機能、特別提供などをきちんと伝えればクリックされる可能性も高まる。「手作り」「受賞」「15%オフ」「送料無料」「30日間お試し」という文言は類似商品やサービスと比較すると際だちます。(なるほど)

文法にしたがって、句読点大文字を正しく使う

URLの中ですべての文字の先頭を大文字に変える。www.shellysseashells.comよりはwww.ShellysSeaShells.comの方がクリックされる。(これは文章や意味としてとして読みやすいためだろう)

行動に合わせて、ターゲットを絞って

検索してきた人たちのニーズに可能な限り答える文言を作る。誰かが「flights to kalamazoo」と検索したら、広告は「Book Kalamazoo Flights」がより関係してるだろうし、提供元が「Babson Travel Agency」だったら安心するだろう。(単語の組み合わせというのではなく、動詞と単語の組み合わせで訪問者に行動を促すような文言にすることが肝心か。なるほど。あと広告の提供先なども明記しておくとクリック率は上がるか。これは信頼性に関係していることなんだな)

文言はあまり広げすぎず絞り込み、ふさわしい単語を一つの広告グループで使う。誰かがTシャツを探しているならランディングページはTシャツだけが表示されているべきで、ジャケットやスウェット、ズボンなどと一緒に表示されるべきじゃない。(コンバージョン率を高めるためにメッセージをぶらさない、ユーザーのニーズに直接的に答えてあげることが大事か。ページ遷移を極力なくしアイテムを単一に絞るというのが肝心というわけ。ランディング目的の単一ページが乱立している昨今なんだけど、ランディング目的だけのページは今後インデックスとしては作られにくくなったりするのか否か。これは蛇足だな)

無関係な、質の低い検索にはフィルターをかける

提供するサービスが地理的な要素をもっているなら、その情報はテキストの中に含まれるべき。テキサスに住んでいない人が、「Houston Adult Education Classess」の広告をクリックしても無意味。あなたの商品が高級品なら、バーゲン品目当ての人に当たらないように「高品質 Premium Quality」「ぜいたく Luxury」などを入れるべき。(ターゲットの排除というものを地理特定機能を用いて行うことができるのは便利か。文言の中でもターゲットにはならない訪問者を排除しクリックをさせない文言を入れるというのも納得。ただこれを自動化したりレコメンドしてくれればより便利なんだろうな。)

行動への引き金を定義する

はっきりした行動への引き金というのは、目的を達成するための費用対効果の最大化に大事。サイトにきたら何をしてもらいたいのかを明確化する。たとえば「お母さんのために花を買おう!」はキャンペーンのパフォーマンスを改善する。行動への引き金は行動を反映したものであり、その行動とはあなたがコンバージョンと考えているものである。それがサービス登録なのか、実際の売り上げなのかはあなたの定義による。(キャンペーンの目的を明確化し、訪問者に何をしてもらいたいのかを広告文言の中に織り込む。多くの場合してもらいたいことを直接的に書くと潜在顧客が逃げてしまうのではないかと懸念するけど、そもそもしてもらいたいことを明確化しておいたほうがコンバージョンの指標もとりやすいし、顧客になりえない人のクリックと誘導を排除することができキャンペーンとしての費用対効果は向上するだろう。ここの割り切りが大事というわけだ。)

テキストは少なくとも二種類を試す

パフォーマンスを最善のものとするためいくつかのテキストのパターンを用意しておく。異なる点、質、特徴、促進を広告ごとに強調してみる。潜在顧客が質問かそれとも答えを求めているのかを理解する。たとえば「借り換えは必要ですか?」か「抵当を借り換えよう」か。直接的なアプローチたとえば「皮膚炎を治療する」というのは「あなたの皮膚を自由にしよう」という湾曲表現よりもいいのか。(トライアンドエラーが大事というわけ。これもまぁその通り。)