虚構

虚構

虚構 堀江と私とライブドア

虚構 堀江と私とライブドア

かなり生々しくライブドアにおける上場後の利益を生み出す苦労がかかれている。堀江さんの徹底した高い目標設定と必達の姿勢。それを達成しようともがく社員、取締役。その中でファイナンス分野を使うことで魔法のように売上を立てていく宮内さんという流れでかかれる。

ライブドア2003年9月期の業績予想は売上100億、経常利益16億円。しかし第三四半期までの数字は72億円、経常利益2億6000万円でありポータル、コマースでは達成できないことは明らかだった。数字が作れる部門はファイナンス部門だけ。インタートレードを売却してここはしのいだ。逆に言えば堀江さん、そしてライブドアが売上を作っていく上でのファイナンス事業部頼りが始まった年ということもできる。

2004年9月期は経常利益20億円が目標だった。しかしすぐに営業利益は10億円に満たない予想となる。そこで堀江さんがぶち切れる。そこでファイナンス事業部はイーバンクに出資し共同のファンド組成し管理料として7億3000万円を予算に組み込む。しかしファンド組成ができる可能性が低かったため、野口さんがクラサワの売却を提案、そして次にウェブキャッシングの売却で数十億(結果として30億)を積む。

これをふまえて2004年9月期中間決算では売上250億、経常利益50億に上方修正された。しかしながら2004年8月23日の段階では目標とする経常利益に15億とどかずが未達になるとの報告があがってくる。そこでキューズとロイヤルコンサルタント、広告宣伝業務名目で発注をさせ売上を作ること。これによって15億8000万円を売上計上した。

二期分をとってもこんな感じ。本書の中で宮内さんが語りたいことは、利益のあくなき追求がライブドアを成長させた、しかし一方でどんな売り上げにせよ金が生まれれればいいという姿勢も追求さえた。

くしくも宮内さんは本書の中でこう書いている。堀江さんは天才的な事業の読みの確かさを持つ。ライブドアはその読みを事業にしていく実力はまだなかった。このギャップが常に存在していた。

それを堀江は、社員の努力で埋められると考えた。おそらく「自分ならできるはず」だからと思ったのだろう。だが堀江ほど優秀な人材はそれほど多くない。なのに、それが理解できないから、不可能な目標を立て、実現できなければ「どうして、どうして」と詰める。本来、無理なものは「未達」の上で「下方修正」すればいいのだが、それができない。結局、最後はベンチャー投資M&Aなど投資銀行業務に精通したファイナンス部門が活躍、2001年、2002年2003年堀江の"野心"を満たしてきた。

なせば成るービジネスはそんな精神論で展開できるものではないが、ファイナンス部門の頑張りが逆に堀江を増長させ、検察が認定する「粉飾」にライブドアを踏み込ませていったのである。

これが本書の要点であり、ライブドア事件の本質だと思う。

* はてなダイアリーキーワード:虚構