トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

kawasakiのメモ

2009-09-28

蛇足:自分コンプレックスのはじまり、はじまり 19:21 はてなブックマーク - 蛇足:自分コンプレックスのはじまり、はじまり - kawasakiのメモ

http://yukawasa.g.hatena.ne.jp/kawasaki/20090928/1254133100

と偉そうなことを書いた。

これ元々はコンプレックスから始まっているんだよね。

試験勉強とか学校の成績とかで良い成績をとった記憶中学以来無い。小学校中学校茨城学校にいて、東京学校に週末かよって、毎日毎日ひたすら勉強してたから、そのときは成績が良かった。

東京学校に高校から通い出して、みんな頭良い人ばっかりで全然かなわなくなった。これまでの勉強方法ではいくらやっても、上に行けない。それがコンプレックスの始まりだったんだろう。

そこで更に勉強して上に行こうってのにならなかったんだよなぁ。努力が嫌いっていうわけではないんだけども、テストって先生趣味嗜好とか、いけてる先輩から過去問手に入れるかどうかで上がっていくという、なんかそのルールにどうしても馴染めなかった。そういうルールだから、それを知り尽くして上に行く、そして人よりも努力するというこのコンビネーションにどうしても適応できなかった。

高校、大学の2年までそんな事が続いて、3年で大学ゼミに入ったときに、変化があった。

私は経済学部で、ゼミ労働経済学の先生ゼミに入った。でもこのゼミがかなり変わっていて、先生が労経、ミクロ環境、国際経営、国際政治の5つに関心があって、学生はその5つから分野を選んで参加するパート制だった。

入ったのは国際経営

理由は二つ。

一つめは、国際経営が人気が無かったパートだったから。人気が無いパート活躍すれば先生からの覚えがめでたくなるし、自分の力が発揮できると思ったから。結局小さい物を自分の手で大きくすることへの興味ってのがあった。

二つめは、ちょうどインターネットはまっている時期で、ネットスケープが出てきたり、ヤフーが出てきたり、同じような年頃の若者がすげーことをしている。会社を作って大きくしている、旧態依然とした世界を壊して、新しい世界を作っている。そういうものに触れてしまったから。経営ってのを学べば、そういう会社を作るのに邪魔にはならなかろう。他のパートに入るよりも近道ができるだろうということだった。

国際経営パートでは、最初伊丹先生経営学入門って本を輪読するっていうのが伝統だったんだけど、そんなのはある程度にしておいて、アメリカではベンチャーってのがどんどこうまれているけど、日本ではなんで生まれないのか。そして若い人が会社ってのを作らないのはなんでなのか。(1999年とか98年とかはそういう感じだった)こういうのを、理解しようじゃないかということで、ベンチャーがうまれる環境の日米比較みたいなものを研究しようという話で、論文も書いた。今見ればひどい物だと思うけど。。。

でもその論文にはその当時珍しかったベンチャーキャピタルとか、エンジェルとか、インキュベーションとかという言葉が踊り、企業としてもやれネットスケープだ、ヤフーだ、エキサイトだ、アルタビスタだという言葉が踊っていた。更にそれをネットで公開した。

その論文を見てくれた人がいて、切磋琢磨できる友達ができて、自分生き方の半分くらいは決まった。

コンプレックスってのも、とらえ方によっては、結果的に、自分キャリアを作ることに貢献することもあると、今は、思えますね。

昭和新山モデル人生デザイン 19:18 はてなブックマーク - 昭和新山モデルと人生のデザイン - kawasakiのメモ

http://yukawasa.g.hatena.ne.jp/kawasaki/20090928/1254131020

の続き。

自分

  • 悪いところを直すより、良いところを伸ばす。
  • 能力は一点突破じゃないと勝てない。
  • 5点が満点なら、全部4点より、6点とか7点とか取っている項目が一つあった方が良い。

ってのを無意識にやってきた。今は意識的だけども。

キャリアの事を後輩とか知り合いとかに話すときには、自分昭和新山モデルって説明をする。

なんか噴火起きそうなところを見つけて、その近くで待ち伏せする。そして噴火しそうだ、いつぐらいにしそうだ、噴火したらこんなことが起きるよと自分で徹底的に頭で考えて、みんなに教える。

噴火したら儲け物。その山の大将になれる。万が一噴火しなくても、その実績から、その山の周辺分野ではある程度の権威になれる。

ランチェスターの法則において、弱者戦略と呼ばれるものに近いのかもしれない。

自分にある資源時間、体力、知力、そして精神力(これも立派な資源だと思う)というものには限りがある。これらの要素をどこかに全部突っ込んでいかないと色々な勝負の場面で勝てない。

で、突然梅田さんのかなり前のエントリーに繋がる。

一流の仕事をする人に共通する特徴というのは、10年・20年・ずっと毎日1日中みたいな、おそろしく長い時間、1つのことをやり続ける才能だと感ずることが多い。他人から見ると「わぁ、大変そうだなぁ」と思うようなことを、本人は大変だなんてまったく思っていない。

年を取ってから後悔しない人生デザイン:梅田望夫・英語で読むITトレンド - CNET Japan

解脱状態」とも言えるほどの「好きなこと」「やりたいこと」を見つけてそれを仕事にするのではなく、そこそこ「好きなこと」の中から「得意なこと」「できること」を選んで仕事にしつつ「自分にあったライフスタイル」を追求する生き方も捨てがたい。

ITが可能にする個人の自由と組織の効率の両立:梅田望夫・英語で読むITトレンド - CNET Japan

好きなこと=得意なこと、な人はとても幸せ。でもそういう人は実はあまり多くないんじゃないかと思っている。

好きなこと、というのは自分でよく分かる。ああ、これをずっとしていてもまったく苦にならないなぁ、楽しいなぁってこと。分かりやすい。好きというのは主観的でいいから。

一方で得意なこと、というのは自分では中々気がつくことができない。得意というのは客観的ものが求められるから。だから得意なことは、人から聞かないといけない。例えば、自分がたいしたことないと思っていたけど、人からあれはすごかったねぇ、と言われたことは無いか。そういうのが得意なことだったり、才能だったりすることがある。

好きなことをひたすらやっていて、生きている間には評価されなかったけど、死んでからすごく評価されたというの偉人もたくさんいる気がする。でも、できることなら生きているうちに評価されたいし、ある程度の経済的な自由、自立は手にしたい。

だから、アプローチとしては、梅田さんのように好きなことを漏斗にかけて、得意なことを濾過していく。その得意なことを仕事にしていくというアプローチ王道だと思う。一番近い道筋になる。

「好きなこと」「やりたいこと」「楽しめること」で「仕事の中身」を考えていくということに加えて、「家族と、どこでどんなふうに生きるのか」というライフスタイルイメージと、理想的な「仕事の仕方のイメージ」(仕事している時間を、自分がどんなふうにどこで誰と過ごすのかのイメージ)とをマッチさせていく、ということがとても重要だと思う。

ITが可能にする個人の自由と組織の効率の両立:梅田望夫・英語で読むITトレンド - CNET Japan

そして、家族とはどんな生活をしたら最高なのか。仕事ではどんな仕事を誰としたら幸せなのか。

これを考えて行く。

一点突破で、好きなことを濾過し好き&得意なことを見つけ出す、そして自分が考える家族仕事理想バランスに当てはめる。

そういうのが人生デザインって奴かなと思っております。

巧遅拙速 18:43 はてなブックマーク - 巧遅拙速 - kawasakiのメモ

データ仕事しよう、ワーストから潰そう」「真因を探せ」「カイゼン巧遅より拙速

「カイゼンは巧遅より拙速」行動が遅いと外されるトヨタの厳しさ - ニュース:ITpro

日本人が好きそうだ。自分も好きな考えだ。

でもちょっと違うところがあるんだよな。

トラックバック - http://yukawasa.g.hatena.ne.jp/kawasaki/20090928

2009-09-25

壁一面のホワイトボード 15:38 はてなブックマーク - 壁一面のホワイトボード - kawasakiのメモ

壁一杯のホワイトボードはとても素敵なツール。

AJITO - Toru Takasuka の起業・経営

自宅に本棚があるので、その本棚の前にこのホワイトボードを取り付けてみるのがよいなっておもったな。

トラックバック - http://yukawasa.g.hatena.ne.jp/kawasaki/20090925

2009-09-17

かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め 12:08 はてなブックマーク - かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め - kawasakiのメモ

かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め

http://www15.ocn.ne.jp/~zensanji/index2.html

トラックバック - http://yukawasa.g.hatena.ne.jp/kawasaki/20090917